毛穴に負担をかけない洗顔を教えて

創業六十年のお茶屋が作った「元祖 緑茶石けん」

質問

毛穴はなくてはならないものだとは思いますが、毎日きれいにしているつもりでも、ぷっくり赤くなってしまったりします。

毛穴のトラブルを防ぐには、どんなことを気をつけてお手入れをしていけばよいですか?

答え

そう、あなたがおっしゃるように毛穴はなくてはならないものですね。

大切なお肌を守るために、毛穴は毎日活動しているのです。

しかし、毛穴はどんなお年頃であってもお肌の悩みの多くを占めています。

基本は洗顔

毛穴のトラブルを起こさないために、毎日の丁寧な洗顔は基本となるものです。

それぞれの肌質にあったクレンジングを使い、効果的な使い方を知っていただき、毎日のお手入れに役立ててほしいですね。

まずクレンジングの使い方。

しっかりと手のひらの上で、泡立てネットを使いしっかりときめの細かい泡を作りましょう。

きめの細かいふわっふわの泡は、きめが細かいほどクレンジング剤のもつ力を大いに発揮することができます。

お肌はお湯で軽く洗顔します。

それだけでも毛穴を開き、皮脂を浮き上がらせることができます。

そのあと、泡を顔の上に乗せていきます。

一番最初に、お鼻の上に乗せてあげましょう。

そして外側に向かって泡を広げていきます。

クレンジングで作った泡は、お肌の上においておくだけで、角栓を溶かし始めます。

そうして泡を顔全体にゆきわたらせてあげます。

手で、肌をごしごしと磨かないでくださいね。

肌の上の泡を手で、小刻みに揺らしてあげてください。

そうすると、泡が毛穴の奥まで入り込むことができ。
汚れを吸い取ってくれます。

この方法ですと、肌に摩擦という負担をかけるのを最小限に抑え、かつしっかりと汚れを取ってくれます。

仕上げは、お湯で丁寧に洗い流してあげます。

お湯はぬるま湯でだいたい35度くらいがよいですね。

乾燥肌の人の場合はもう少し、低めの温度のお湯で、脂性肌の人の場合は気持ち高めのお湯を使って、泡を洗い流してください。

お湯の温度が高ければ、その分しっかりと皮脂を落とせると思われがちですが、かえって必要な皮脂まで洗い流すことになり乾燥が進み、毛穴が開いてしまいます。

お肌には、適したクレンジングの使い方、適したお湯の温度、適したハンドマッサージがいいんですね。

フィード